送料無料
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

フリーページ
営業日カレンダー
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
赤字:発送と相談メールの返信は、お休みとなります。
お知らせ
◎あなたの症状を教えてください。
こちらのお問い合わせから
お肌の症状をお送り下さい。
あなたに合ったスキンケアをご紹介します。

◎あなたの体験談をお寄せください。
当店でお買い上げいただいた商品のご感想(体験談)をお寄せください。
(重複投稿やご利用履歴のない商品は対象外)。
投稿してくださった方には、次回のお買い物で使える500円分のクーポン券をプレゼントします!
体験談の投稿は、こちらの体験談応募フォームからどうぞ
rss atom
アレルギーのしくみ

アレルギーとは、主に抗体を作る過程で免疫機能に異常が生じる病気です。
有害な物質に対して、生体が持っている防御機能が働くことによって起きる反応の一つが「免疫反応」です。
しかし、もともとの免疫機能は、体を構成している物質と、それ以外の異物を区別する機能を指しています。
つまり、免疫反応を起こすときには、その異物が体にとって有害であるか、無害であるかの区別はしていません。

有害であっても無害であっても、異物が侵入したと分ると免疫反応が起き、
その異物を退治しようとする全身の免疫細胞が活躍します。
免疫細胞には様々な種類があり、異物を攻撃しようとする細胞、抗体を作って異物である抗原の毒性を中和したり破壊したりする細胞、さらにそれを手助けする細胞などがあります。

そして、抗体を作る過程で免疫機能に異常が生じますが、抗体を作るのは白血球の一種であるリンパ球で、リンパ球は体内に侵入した抗原を見つめると活性化し、抗体を作り出します。
抗体の働きによって、抗原が持っている病原性が失われるのが通常ですが、
抗体が一度作られれば再び同じ抗原が侵入してきた時、既に持っている抗体で素早く病原性が封じ込められます。

このような抗原・抗体の関係をウマく利用したものがワクチンによる予防接種です。 例えば、インフルエンザなどのウイルス性疾患にかかると、 インフルエンザウイルスと言う抗原に対しての抗体を作り出し、 それ以降の病原体が生体に与える病毒を抑制させる働気をします。 ワクチンによる予防接種は、ウイルスの毒性を弱めたものを体に入れるものですが、
そのワクチンのウイルスは、ほとんど無毒です。
ですが無毒であっても、私たち生体は、ワクチン接種によって侵入してきた弱毒のウイルスを異物だと認識し、体内に抗体を作り、そのウイルス性疾患にかかりにくくなります。

ただ、異物が有毒であっても無毒であっても免疫反応は起きるのですが、
その免疫反応が良い方向ではなく、悪い方向へ向いてしまうこともあります。
それが、アレルギー反応です。

例えば、ダニの糞やハウスダスト、洗剤や化粧品などの日用品だけでなく、
本来は無害であるはずの牛乳や卵などの食品に対しても免疫反応を示し、
自分自身の組織を攻撃するタイプの抗原を作ってしまったりします。
この抗原が喘息や湿疹と言うアレルギー症状を引き起こすのです。

自身の組織を攻撃する抗体とは

抗体は、免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質で、リンパ球で作られます。
抗体には、分子構造の違いによって、IgM、IgD、IgG、IgE、IgAの五種類が存在していて、 その中でも、アレルギー症状を引き起こす物質は「IgE(免疫グロブリンE)」という抗体です。

IgE抗体は、肥満細胞と呼ばれる免疫細胞と結びつくことによって、ヒスタミンなどの炎症原因物質を放出し、
この炎症原因物質によって体の組織が攻撃され、アレルギーの諸症状が現れます。

IgE抗体がなぜ、自身の組織を攻撃する抗体なのかというのは、真相は究明されていません。
ですが、アレルギーを発症した人は、IgE抗体が肥満細胞の中に通常より多く結合していることは明らかになっています。
つまり、IgM、IgD、IgG、IgE、IgAの五種類の抗体の中でも、IgE抗体をつくりやすい人が、アレルギー体質であり、アレルギーを発症しやすい人であることが分ります。

抗原となる体外の異物を「アレルゲン」といいます。
人によって、どの物質がアレルゲンになるのかは異なり、
アレルギー体質の人は、アレルゲンに接する機会が多いと発症に至らなくても体内でIgE抗体が増加します。
そして、IgE抗体がある程度作られることによって、ある日突然、そのアレルゲンに対してアレルギー反応が出ます。
つまり、IgE抗体を作りやすい人が必ずしもアレルギーを発症するわけではありません。
アレルゲンに過剰に接する生活環境によって、アレルギーが発症するというわけです。
花粉症などがその例で、去年までは大丈夫だったのに、今年突然、花粉症になった・・・
というような例がこの仕組みに当てはまります。

一度アレルギーを発症し、抗体が作られると、別のアレルゲンに対してもIgE抗体が作られやすくなります。
ですから、アレルギー体質の人は、発症する前から、アレルゲンとの接触を極力控えることで、新たなアレルギーの発症を抑えることができるのです。

アレルゲンになりやすいものとは、自分のからだ以外のたんぱく質です。
普段は食べても大丈夫だけれど、体調が悪い時に食べると蕁麻疹が出るというようなものは、体調が良いときでもなるべく控えたほうが良いですね。
また、ハウスダストやダニなども避けるために家の中を掃除すること、
犬や猫などの動物も避けることなどアレルゲンとの接触を極力控える工夫は色々できます。

アレルゲンに接触しないことがアレルギー対策

IgE抗体を作るアレルゲンは、人によって異なります。
ですが、アレルギー体質の人は、アレルゲンになりやすい物質に接触しない努力が必要です。

アレルゲンとしてよく知られているのは、
ハウスダスト、ダニ、ブタクサ・すぎ・カナムグラ・カモガヤ・ヒメガマなどの花粉
、 そば粉・小麦粉・米などの穀類、
牛乳、全卵、卵黄、卵白、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類、
アジ・イワシ・カツオ・サバ・マグロ・サケなどの魚類、エビ・かになどの甲殻類、
枝豆・大豆・竹の子・ほうれん草などの野菜類、
犬毛、ネコ毛、羽毛、羊毛、麻布、絹、綿、タタミ、ソバガラ、カボック、プラスチック、日用品、農薬、重金属などです。

ですがこれらの物質を避けていたのでは日常生活が難しいですね。
アレルギー症状が強い場合、皮膚科や内科、アレルギー科などを受診して、医師と相談することをおススメします。

また、ペットの毛やダニの死骸、排泄物などは、私たちの生活の中にはたくさん存在しています。
布団やカーペットなどには数万匹単位でダニが生息しているといわれています。
家の中を清潔にすることは、アレルギー対策として必須です。

現在の住宅環境の中では、このようなアレルギーになり安い環境が充満しています。
ですが、気をつけなければならないのは、アレルゲンと考えられる物質が、消臭剤、除菌剤、洗剤、洗浄剤などに多く含まれていることです。
室内を清潔にしようと思って使ったアイテムにも、アレルゲンがたくさん含まれています。
さらに、化粧品やヘアケア用品、台所用品、赤ちゃんの衛生用品などにもアレルゲンはたくさん含まれているのです。

生活用品や衛生用品の中には、界面活性剤など、アレルゲンが皮膚から吸収されてしまう(経皮吸収)ことを促進させる物質がたくさん使用されています。
毎日これらを使い続けていくことにより、IgEを作り出してしまうので、アレルギー反応が出てしまいます。

アレルゲンになりやすい化学物質をなるべく使用しないように生活を見直す事も必要ですが、
現在は、アレルゲンになりやすい物質が含まれている時には商品に明記する規則になっているので、
アトピー性皮膚炎の人、アレルギー体質の人、赤ちゃんなど小さなお子さんがいる家庭では注意して成分をチェックする必要があります。

アレルギーの発症過程を見ていると、生活環境を含めた日常生活と密接に関係していることが分ります。
ある意味、アレルギーも、生活習慣病の一つであると考えることができます。

当店ではステロイドに頼らない皮膚の改善をサポートしています

病院での治療は、ステロイドを使ったものがほとんどです。
当店では、なかなかステロイドをやめることができない方のサポートができたらと考えております。
ステロイドをがなくても、きちんとスキンケアだけで生活ができる・・・。
そんなお手伝いをできたらと考えております。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

手湿疹お試しセット

手湿疹スキンケアサンプルセット 手湿疹スキンケアサンプルセット
薬用アビエルPLクリームなど、手湿疹や手にできる水泡のケアに役立つアイテムの携帯サイズをセットしました。


コクレイ・アビエルボディ用品サンプルセット コクレイ・アビエルボディ用品サンプルセット
アビエルPLボディシャンプー や薬用アビエルPLクリームなど、荒れたお肌のケアに役立つアイテムの携帯サイズをセットしました。