送料無料
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

フリーページ
営業日カレンダー
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
赤字:発送と相談メールの返信は、お休みとなります。
お知らせ
◎あなたの症状を教えてください。
こちらのお問い合わせから
お肌の症状をお送り下さい。
あなたに合ったスキンケアをご紹介します。

◎あなたの体験談をお寄せください。
当店でお買い上げいただいた商品のご感想(体験談)をお寄せください。
(重複投稿やご利用履歴のない商品は対象外)。
投稿してくださった方には、次回のお買い物で使える500円分のクーポン券をプレゼントします!
体験談の投稿は、こちらの体験談応募フォームからどうぞ
rss atom
プラセンタ プラセンタとは胎盤のことです

受精卵が子宮に着床すると、ヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが分泌されて、絨毛ができ、子宮内壁と一体になり子宮の一部が厚くなってきます。

そして、妊娠14週〜16週ぐらいで胎盤が完成します。

人間以外の哺乳動物は出産後、自分の胎盤を食べます。

これは出産で低下した体力を早く回復させ、外敵に備えるためとか、匂いを消して敵から身を守るとか、またおっぱいの分泌がよくなることを本能的に知っているためとか言われています。

胎盤は、へその緒を通して、お母さんから供給される酸素、栄養分を胎児に運んだり、ホルモン分泌を行います。

胎児の排泄物をお母さんの体に渡す役割もしています。

毒物などの侵入を守る免疫機能の役割も果たしています。

そして胎児の各種臓器の代行をすることで、着床した受精卵がわずか10ヵ月という期間で、赤ちゃんにまで成長させてしまいます。

プラセンタは、必須アノミ酸を含む10数種類のアミノ酸、活性ペプタイド、ビタミン、ミネラルなどさまざまな成分によって構成されています。



細胞を活性化する

細胞が弱っていたり傷ついていたりすると、老化や病気の原因になります。

プラセンタは細胞を活性化させ、栄養をどんどん吸収することができる強い血管を作り、神経を正常にしたり、ホルモン、免疫機能を改善します。
プラセンタの壊れた組織を修復する作用により、外部からの刺激で壊れた角質をよみがえらせます。



水分と油分を調節する

水分が足りなければ水分を、油分が足りなければ油分を補充し、逆に過剰であれば抑制する・・・
という具合に、常に正常を保つよう臨機応変に作用し、水分と脂分のバランスを整えてくれます。



免疫力の強化

私たちが常在菌と共存していけるのは、防衛反応が体に備わっているからです。
中でも重要な働きをしているのが免疫力で、体の中に侵入する外敵を排除して健康を保っています。

プラセンタはこの免疫力を強化します。



炎症を抑える  

プラセンタは慢性化した炎症に効果があり、痛みや腫れを抑えることができます。



血行を良くします  

血液は全身に酸素と栄養を供給し、老廃物を運び出す働きをします。
逆に血行障害になると酸素や栄養素が不足し、老廃物が体にたまりやすくなります。
プラセンタは血行を良くし、細胞の新陳代謝を促し、トラブル肌の原因であるターンオーバーの乱れを整えますので、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルにも効果があります。

アトピー性皮膚炎は、免疫力が過剰に反応した自己免疫疾患です。
また、皮膚のバリア層が壊れやすく、副腎機能の低下も起きています。
そして激しい痒みを伴うため、皮膚をかきむしったりすると、そこからばい菌が侵入し、さらに悪化させています。

しかし副腎の低下をステロイド剤などの薬で外から補おうとしても根本的な解決にはなりません。
むしろ薬に頼った体質になってしまいます。

プラセンタは、皮膚の炎症を抑え、原因のひとつひとつに作用し、免疫バランスを正常に保ち、健康な皮膚を作り、副腎機能を改善します。
プラセンタ投与をやめてもリバウンドの心配はないので、ぜひお試しください。



コクレイ・アビエル商品には豚プラセンタが使われています

アトピー性皮膚炎、皮膚かぶれ、アレルギー体質、かゆみ、蕁麻疹(じんましん)、あせも、湿疹など皮膚トラブルは、皮膚の自然治癒力の低下や免疫力の低下、皮膚のバリア機能の低下、皮膚のターンオーバーの乱れが原因で起きています。

生活習慣や食生活の改善、休養や心と体のリラクゼーションも重要です。
でもその前にスキンケア商品を見直してみませんか?